IMG_7795-s1.jpg


 コロナ、人為的温暖化、そしてウクライナ紛争の共通点はテレビ、新聞が一貫して異論、反論、批判を一切取りあげないことです。

政治的公平、事実を曲げぬ報道、意見が対立する問題は多角的に論点を明らかにする。とした放送法4条はこの3つ災禍操作で完全に死文となりました。3年近いコロナ騒動でテレビ、新聞が真実を伝える報道機関とは真っ赤な偽りで、国民と政治を支配するためのプロパガンダ、洗脳媒体である事が明確になりました。

そしてもう一つ、安倍元首相が暗殺されたことにより、27年ぶりに統一教会報道が「解禁」され、統一教会による自民党への政治工作が明らかにされ出しました。

自民党はアメリカに完全従属する政党である事は知る人ぞ知る知る。でしたが反日カルト団体によっても支配されていることは、まさに戦慄すべき、憂国の事態ではないでしょうか?

 翻って野党はどうでしょう?ゆ党の維新、国民民主そして立民は勿論、共産、れいわ、社民に至るまでコロナ、ウクライナ、温暖化(CO2削減強制)に批判及び異論を述べるところがありません(ウクライナではれいわのみ違う)。

要するに与野党とも外部勢力に支配洗脳されているわけです。国民は真実を知り自己防衛策をとり主権者として、操られるこの国の政治を変えることでしか救われません。

コロナ愚策によって3年近く、私達は本当に酷い目にあっています。これに対して昨年から、この愚策とワクチン強制をやめよという運動が各地で起きています。

しかし次は人為的気候変動の刷り込みで、国民への強制があるとする市民団体は少ないようです。そこで私達は温暖化、コロナは世界を巻き込む人為的工作であると強く疑い、メディアに騙されず、真実、本当を知る周知活動を始めることにしました。

騙されない煽られないで、政府、自治体の愚策と強制に抗する本物国民(主権者)を共に目指したいと思います。

先ず12月4日のシンポジウムを皮切りに、シンポジウムや集会を開催していきます。

どうぞ当会のHPをご覧になり、周知に務めて頂き、共に覚醒の活動としましょう。

 世話人代表挨拶

​一柳 洋